無理はしない

ここから抜け出そう

野球嫌い!

f:id:murihashinai:20170726221432j:plain

 

どうも、まろうです。



「昨日の高校野球観た?」



観てませーん。

誰もが野球観ると思わないで下さーい。



 

はい。



 

「野球のチームあるんだけど入るでしょ?」

 

「わたし、野球やらないんですよー、観たりもしないので、すみませんが入りません。」

 

「えー野球しないの?若いのに。楽しいからやろうよ。」

 

「野球に関心ないので、すみません。」



 

うん、非常に鬱陶しい。




ぼくが野球が嫌いな理由は、

①誰もが好きで、男なら野球をやっているという前提で、話が進むことがあまりにも多すぎること。

 

②対して面白くもないのに、国民的スポーツ扱いになっていること。

 

③対して面白くもないのに、よくテレビで放送される。鬱陶しい。

 

④必ず坊主になる。みんな一緒みたいな雰囲気が死ぬほど嫌い。古臭い。

 

⑤学生時代の野球部が、弱いのに態度が大きかった。野球やってるのが偉いみたいな雰囲気。

 

⑥自分の子供に野球をやらせようとすることに、ギャンブルっぽさを感じる。一発当たってプロになれば、大金が入る。みたいな。

 

⑦野球がすごいという雰囲気が強すぎて、他のスポーツが注目される機会が少ない。

 

⑧野球に金が回りすぎていて、他のスポーツに金が回らないから、人材育成などがすすまなくて、盛り上がらないのでは?と個人的に思っている。

 

以上。



まあ、バスケやサッカーのように身体接触もないし、体格差が関係ないから、世界と闘える。という理由で押し上げられているとも思うが、にしても男ならみんなやってて、日本人ならみんな観てるという雰囲気がどうにも受け付けない



やらない。観ない。というと「変わってる人」という雰囲気になるのが理解できない。



スポーツはいろいろあるんだから、野球やらない、観ない、そういう人がいても良いでしょ?



自分と違う人を受け入れることができる人が、もっと増えて欲しい。

広告を非表示にする

ビールが嫌い、ビールが嫌い(大事なことなので、2回言いました)

f:id:murihashinai:20170725211351j:plain

 

 

どうも、まろうです。



突然ですが、ビール党の皆様、すみません。



ぼくは、ビールが嫌いです!!



酒の中でも一番嫌いです。

ももちろん嫌いですが、何よりもその立ち位置、存在が気に入らないんです。




なんですか?、とりあえずビールって?



とりあえずってなに?



ビールといえば、酒カースト最上位の存在で、酒の中でも超絶リア充なわけですよ。



それなのに、とりあえずっておかしくない?



絶対にビール!ってくらいには求められれててもおかしくはないのに、とりあえずで片付けられる飲み会の公式飲料。

それがビールなんですねー



まあ、気に入らない。大して美味しくもないクセに、メディアに乗せられたかなんかは知らんが、とりあえずで人気になっている。まあ、気に入らない。



まるで、同調圧力そのもの、日本社会を象徴するような飲み物ですね。w



とりあえず飲んでおけばいいから!みんなそうしてるから!

考えるのめんどくさいし、みんなそうするからとりあえず飲むか!



こういう意図が隠れているようで、なんとも気持ちが悪い。



本当にビールが好きな人、どれくらいいる?

みんななんてどうでもいいんだ、自分が好きな酒はなんだ?



何も考えないで、社会に流されて、自分の好きな酒さえ飲めず、大して好きでもないビールを好きなことにして、飲めなきゃダメ、たくさん飲めば好きになる、強くなる。



ふざけんなって。ちゃんと自分の頭で考えて、好きなものは好きだって言えばいいじゃん。そんな小さいことで自分を殺す必要なんてどこにもないのに。



まあ、日本の飲み会がとりあえずビールを卒業できれば、日本社会は少し変わったってことになるのかな?



好きな酒を楽しく飲もう!

飲めないなら行くのやめよう!



あー、再来週のビアガーデンの誘い断ろw

そろそろ血液型差別やめませんか

f:id:murihashinai:20170723140555j:plain

 

 

どうも、まろうです。



突然ですが、ぼくの血液型はB型です。



これを聞いてどう思いましたか?

・自己中そう

・変人っぽい

・絡みづらそう

・嫌い

などなど、あまり良くは思いませんかね(笑)



最近では、血液型差別も「ブラッドタイプ・ハラスメント」なんて呼ばれているみたいで、声高々にあの血液型の人は嫌いという話は聞かなくなってきたように感じますが、今でも相手の血液型を知ると露骨に態度を変える人はいます。(いい加減辞めてほしいw)




ぼくは小学生の時に、担任の先生(40代女性A型)から血液型差別を受けていました。

なので、血液型の話をされると今でも動悸がします。正直トラウマですw



で、具体的に何をされたかというと、

 

・先生はB型が嫌いだと、クラス全員を前にして言う。

・掃除の時間に、B型のクセにきれいに掃除なんて出来っこないと言われる。

・悔しくて隅々まで掃除していたら、B型のクセになにをやってると馬鹿にされる。

・机の配置がちょっと曲がると、B型だから曲がると言われる。

・机の中を見て、B型だから机が汚いと怒られる。

・B型だから字が汚いと言われ、テストの回答が合ってても✕にされる。

 

思い出すとこんな感じです。

血液型を理由に、なにかある度に毎日のようにめちゃくちゃ言われてましたw




先生ウザいなーくらいにしか思っていませんでしたが、⬇こんな風に段々辛くなっていきました。

 

・なんで自分はB型に生まれたんだろう。

・B型は悪で、自分はダメな存在なんだ。

・人は血液型でこんなにも区別されるんだ。

・B型って生きるの辛いな。

 

こんなことを思うようになり、気持ちが晴れないまま小学校を卒業しました。

それ以降、ネタでも血液型の話をされる度に、胸が苦しくなって緊張します。

「また、B型だから〜といって、差別的な扱いを受けるのか」と。



そういう話題を出したり、B型だから〜と言う人は、自分が差別的なことをしているという認識はないみたいですが、こちらからすれば明らかに一線引かれてると言うか、結構辛いので、ネタでも血液型の話はやめてほしい。





公務員(社会人)になってから

2回ほど、差別的な扱いを受けましたw



1回目

新採用時代、所属の飲み会で血液型の話になり、「わたしはB型です」と言ったら、

「あー」とB型意外の人達から残念がられ、

「キモーイ☆」と直属の課長から言われる。

 

2回目

4年目(2つめの所属)の所属の飲み会で「わたしはB型です」と言った次の日から、

直属の上司に無視されるようになり、あからさまに、態度が急変した。

細かい相談は基本的に無視、重要なことや必要なことのみのお話だけになりましたw

こんな人がまだ存在したのか。とめちゃくちゃビビったのと同時に、4、50代の世代にはまだまだ根強く残っているのか、と悲しくなりました。




小学校の時に出来た傷は、25歳になった今でも癒えることはなく、いい加減この差別なくならないかなーと日々願ってやみません。



実際、血液型が正確に及ぼす影響はわかりませんが、事実そういう部分があっても、こういった差別に発展するという危険性を孕んでいる以上、たとえネタでも口に出すのは辞めてほしいです。



昔ほど気にする人はいなくなってきたような気もするけど、血液型だけで人を判断するのは人間としてどうかなと思います。



もう、やめませんか?こんなこと。



では、失礼します。

アニメが教えてくれたたった1つのこと

f:id:murihashinai:20170723123345j:plain

 

 

アニメが好きだ。

高校受験後の中3の春休み、無料動画サイトでガンダムSEED、DESTINYを2日かけてイッキ見してからというもの、アニメにのめり込んだ。

 

 

 

「アニメオタクなんてキモい」そう思っていた自分もいた。でもこの世界に飛び込んでみて、キモいと思われてもいいや、それでも好きなんだ。と思えるものに出会うことができた。

 

 

 

あなたはどうだろうか?

周りの目を気にしなくても良いじゃないか。そんなふうに思えるくらい好きなことはあるだろうか?

 

 

 

わたしはアニメから「自分の世界を持つことの大切さ」を教わった。

 

 

 

日々の生活がどんなに辛くたって、苦しくたって、自分の世界があれば救われるのだ。

 

 

 

それはどんなことでも良い、小説、マンガ、音楽、スポーツなど、「ここにいていいんだ、自分のいる場所はここだ」と思える世界があれば、人生は少し楽しくなる。

 

 

 

あなたは毎日、何に時間を使っているだろうか?

 

 

 

その時間をただ、時間を浪費しているだけだと思っていないだろうか?

 

 

 

それは違うと、わたしは思う。

 

 

 

そこにはあなたの世界がある。他の誰にも侵せない、あなただけの世界があるはずだ。

 

 

何があっても大切にしてほしい。

実写化が嫌いなたった1つの理由

f:id:murihashinai:20170723123339j:plain

 

 

実写化が嫌いだ。

 

 

 

その理由はたった1つ。

 

 

 

「2次元と3次元を混同してほしくないから」である。

 

 

 

あのマンガ、アニメが面白いのは、空想の世界で起きているからなのであって、こちらの世界では嘘になるから面白くならない。

 

 

 

面白くないものは、誰も望んでいない。

 

 

 

彼らはリアルなのだ。空想の世界でリアルを体験している。だから言動が面白い。見ていてドキドキする。

 

 

 

でも、実写は「演技」なのだ。

どんなに女優や俳優が世界に入り込んだところで、演技であることには変わりない。

 

 

 

マンガやアニメは、その世界でしか成立しない。

 

 

 

だからわたしは実写化が嫌いだ。

ブラック部活から得た3つのこと

f:id:murihashinai:20170723123334j:plain

 

 

高校時代、わたしはブラック部活に所属していた。



・長時間拘束

・強制坊主(先輩の手により執行される)

・喫煙

・万引き

(ちなみにわたしは、喫煙も万引きもやってません。そのおかげで若干ハブられたけど(笑))



長時間というのは、平日は16:30〜21:00、土日は9:00に始まれば15:00、13:00に始まれば18:00といった具合。



練習は3時間程度で終わるけど、先輩が帰らないと下級生は帰れないというルールのため、先輩の自主練や、部室で行われるスマブラ大会などが終わらない限り帰れないという感じでした。



思い出すだけでも嫌だし、自分の中で美談にしたくもないけど、あんな環境でも得たものがあったので、3つほど紹介します。



① 怒られることに抵抗がなくなった

 

部活では日々怒られます。やれ自分が欲しいところにボールが来ないだとか、ボールの空気がちょっと抜けているだとか、コート整備が甘いだとか、自分より良いプレーをするなだとか。もうめちゃくちゃ。



毎日繰り返していると、全然気になりません。挨拶みたいなもんですからね(笑)



極めつけは、数ヶ月に1度開催される「シメ」と呼ばれるものです。(先輩の気分で開催)



これは、20:00くらいに、他の部活の生徒や先生達が帰ったら1年生を一人ずつ部室に招き入れ、先輩全員から講評をいただくというもの。(ちなみに部室の電気は消えており、先輩の顔は見えない)



先輩に好かれている人から先に呼ばれるので、みんなドキドキ(絶望)しながら待ちます。(笑)



一番ひどい仕打ちを受けた人は、頭をカラーコーンで野球のように振り抜かれるというものだった。



ちなみにわたしは、「声が小さい」「先輩の1人が駅にいたのに無視をした」というものでした。駅の人混みの中でそんなこと思われても知らんがなと思ったけれど、素直に大声で「申し訳ございません!!」といって土下座した。



まあ、こんな感じで、怒られるのにはなれてしまった(笑)



今では、職場で上司に怒られても「おー、怒ってらっしゃる」と心の中で思うくらい余裕がある。




② いちいち動揺しなくなった

 

ある日突然、部員の中でも仲が良い方だった子達が、朝登校して来なかった。



なんでも、万引きで補導されたとのことで、その日から停学になり学校に来なくなった。



昨日まで普通に話をしていて、部活が終わったらみんなで買い物に行くと行っていたのに、そこで万引きをして捕まったということだった。



以前から万引きをしているのは知っていて、いつかやめるだろうと思いながら注意していたけど、まさか。と思って、すごく動揺した。



しかも、その後、別の部員も万引きにハマり出して、やれこれは昨日取ってきたものだとか、何組のやつにいくらで売ったとか、そんな話が飛び交うようになっていった。



本当に苦しかった。ここは一体何なんだ。ただの部活じゃないのか?と。



日々動揺していたけど、ある日、まあ人生色々あるよねーと開き直り、それから何があっても大して動揺しなくなった。



今では職場で、不足の問題が起きても、「あらまー」と思えるくらい、動揺しなくなっている。




③ 他人に寛容になった

 

そんなこんなで、いろいろあったけど、その後も普通に部活動を続けた。



学校や部活以外では、絶対に行動を共にしないという自分ルールを設け、普通に高校生活を楽しんだ。



こちらがいくら気を揉んでも、相手を変えることは絶対にできない。その真実を部活動で学んだ。



頭ではわかっていたつもりだったけど、この経験を通して、自分の中で確かなものになった。これを知ることができたのは自分の中でも大きなことだと思っている。




なぜ部活をやめなかったのか。

 

親からも言われてたし、自分ルールでも「3年間辞めない」と決めてたから、やめるという選択肢はなかった。



今思えば、サクッと辞めてバイトとか、株、ブログなどの活動を初めてても良かったーと若干後悔している。



でも、部活がなければ、自分の精神はここまで強くなっていなかった。そう思うと、ほんとに辛かったけど部活には少し感謝している。




思い

 

今部活で悩んでいるあなたへ、苦しくても、やれるところまで続けてみた方がいいかなー、と思います。

自分は部活をやりきったぞ!と思えるくらいに熱中してほしいです。大人になってから意外と後悔します。(「肉体・精神崩壊」「死」を感じるレベルなら即刻辞めて!)



部活に全力を注げなかったというのは、思ったよりも尾を引きます。もっとできることはなかったのか?と大人になってからふと頭によぎって、胸を締め付けられる気分になることがあります。



だから、どんな環境であれ、全力でやりきって欲しいとわたしは思います。もうできることはやったと思えたら、辞めて次に行きましょう!



実際、大人になって、万引きをして気まずくなって辞めた元部員と飲む機会がありましたが、部活をやりきならなかったことを、すごく後悔していました。




ブラック部活問題に対して

 

世間でも問題になってますね。



よく取り上げられているように、顧問が問題な場合もあります。長時間練習するということが良いことと思っている場合にこうなってしまうんでしょうかね。



ただ、わたしの経験からすると、生徒が作り上げた「悪しき伝統」のせいでブラック化している場合もあります。



教員が悪いというのは、半分間違っています。



生徒には脈々と受け継がれますが、顧問は異動があったりするので、問題の本質をつかむことができません。そうすると、体制を整備したところで知らぬ間に予想外の問題が起きることがあります。



実際、先程紹介した「シメ」も、わたしの代のときに保護者から学校に連絡が入り、問題になりました。もちろん顧問はそんなことしてるなんて知りません。そんなに遅くまで残っていることすら知らない状況でした。(わたしは参加しませんでしたが、問題になったと聞いて、このまま無くなれーと強く願ったものです。結局なくならず、その後も受け継がれたようです。)



まあ実際、ブラック部活と行っても様々な種類があります。一概にこうすれば解決するという方法は見つけるのが難しいでしょうね。



教員側の問題を解決したところで、生徒が作り上げた「悪しき伝統」を解消することにはならないので、教員が知らないところで、ブラック部活に苦しみ続ける生徒は存在し続けるでしょう。




伝えたいこと

 

実際のところ問題が多いし、管理者の目が届かないところで、顧問や生徒が活動しているために、体制の整備には時間がかかるでしょう。(なんだかんだ整備されない気もするけど)



ブラック部活は、意外と強豪校で行われれいる場合があります。(わたしの高校も、県内では強豪でした)



したがって、上の立場の人間からすれば、正直ブラックのままでいてほしいという願いもあるのかもしれません。というかあります。上の立場だったらそう思ってしまうのは自然なことでしょうし。



で、解決をしていくことができるとすれば、「悪しき伝統」をクソだと思っているけど、部活は続けているというあなたが行動を起こすしか、方法はありません。



全力で部活をして、部長やキャプテンまでのし上がって、権力をもったら、「この伝統はなくす!」そう言ってしまえば、「悪しき伝統」問題は解決されます。みんな救われます。(自分がやられて嫌だったことは、後輩にもやらせなきゃ気が済まないという輩は置いといて(笑))



でも真面目な話、この問題を解決できれば、大きいですよ。



あとは顧問の問題だけなので、部員みんなで団結すれば、解決まで持ち込める可能性がグッと高くなります。




これはわたしの後悔です。自分にはもっとできることがあった。



でもあの時は、こんなことを考える頭脳がなかった(笑)



だからメッセージとして残して、次に託そうと思います。

【DIY】超簡単!パソコンのモニター台を自作してみた

どうも、まろうです。



今回は、パソコンのモニター台を作成してみたので、勝手に紹介します。(笑)



第2作品目ですが、自分で考えて形にするのって楽しいですね!



⬇それでは、まずは完成形です。

f:id:murihashinai:20170719215615j:plain

 

 

見た目はちょっと変わってて面白いと、個人的には思います。(自画自賛w)



では、材料と組み立て方を紹介します。




◯材料

f:id:murihashinai:20170719215641j:plain

 

 

 

・天板(黒、既製品)20×60×1.8cm・・・1枚

・コの字金具(黒) 高さ5cm・・・4個

・耐震マット・・・1枚




◯組み立て方

⬇耐震マットを4等分にして、コの字金具に乗せます。

f:id:murihashinai:20170719215635j:plain



⬇コの字金具を天板に乗せてひっくり返します。

f:id:murihashinai:20170719215627j:plain

f:id:murihashinai:20170719215615j:plain



以上です。

簡単でしょ?(笑)




◯倒れないのか

この字金具を前後で向きを変えることで、揺れに強くなります。

 

全部同じ向きでやると確実に倒れます。(笑)




◯気にっているポイント

脚が薄いから下が広く使える。

脚が鉄だから重さに強い。

 

以上!(笑)




◯まとめ

いかがでしたでしょうか?



いやー、それにしても、耐震マットって色々使えますね(笑)



それでは、失礼します。

【DIY】超簡単!メタルラックデスクを自作してみた【ルミナス】

どうも、まろうです。



今回は、わたしが自作し、使用しているデスクを紹介してみようと思います。

DIYと呼んで良いクオリティーかは甚だ疑問ですが、約半年使っていて割と気に入ってるので、勝手に紹介します(笑)



⬇完成形についてはこんな感じです

f:id:murihashinai:20170719215102j:plain

 

 

では、材料や組み立て方を紹介していきます。




◯材料

 ・ルミナススリム スチールシェルフ 幅76×奥行46cm・・・1枚

 ・ルミナス25mm(基本ポール)67.5cm・・・4本

 ・ルミナス25mm(ワイヤーバー)76cm・・・1本

                  46cm・・・2本

 ・ルミナス25mm(取付パーツスリーブ)・・・8個

 ・椅子脚キャップ(ルミナスじゃない)・・・4個

 ・耐震マット(ルミナスじゃない)・・・4枚

 ・天板60×90×1.8cm・・・1枚




◯組立て方

⬇とりあえずこんな感じに組み立ててください(ざっくりw)。メタルラックの組み立てはメチャクチャ簡単なので省略!

f:id:murihashinai:20170719215129j:plain



⬇組み立てが完了したら、耐震マットを四隅に置いて、

f:id:murihashinai:20170719215119j:plain


 

⬇天板を載せる

f:id:murihashinai:20170719215009j:plain



完成ww

マジでこんなもんです。簡単ですよね?w




◯天板について

f:id:murihashinai:20170719215110j:plain




天板は、買った状態のままでは使用していません。

トリマーという工具で角を丸く加工していますし、「ブライワックス ラスティックパイン」を塗って磨いています。



工程の写真とかを写真に残してなかったので、加工については省略しますが、既製品を買うのも良いけど、自作も愛着が湧いて良いなと日々思ってます!是非挑戦してみてください!




◯注意点

ケチってワイヤーバーを買わないと、すごくグラグラするので、買うことをオススメします。コの字バーという部品もあるみたいなので、そちらも良いと思います。




◯天板はみ出てるけど大丈夫なのか

よほど片方に寄せて天板を置かない限り大丈夫です(笑)



普段は、デスクにモニターを置いて作業していますが、全く問題ないです。勉強も全然できます。




◯なんで作ろうと思ったのか

わたしは転勤があるので、簡単に分解できるデスクが欲しかったんです。



ネットで色々見たけど、あんまりピンと来なかったので、自作してみよう。という結論に至りました。



スノーピークのワンアクションテーブルも気になったんですが、なにせ良いお値段なので、手が出ず(笑)



結果、分解できて持ち運べるし、そこそこ頑丈なデスクを手に入れることができたので、とても満足しています。




◯まとめ

いかがでしたでしょうか?



デスクが欲しいけど、既製品ではピンと来ないのであれば、作ってみるという選択肢もあります。



でも、自作って難しいし、なかなか出来ないよ。と思っているあなた!この記事を見ても、自作は難しいと思いましたか?



まあ、天板の加工については難しいところもありますが、既製品の天板を買ったり、ホームセンターで加工してもらったりと、方法は様々ありますので、挑戦してみてください!行動あるのみ!です。



自作デスクの一例として、こんなのもありますよーということで、参考にしていただければとても嬉しいです。



それでは、失礼します。